ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

-月刊「いのちのことば」掲載商品

 

書評・記事はこちらからお読みいただけます
↓↓↓↓↓↓↓↓



  • フクシマから福島への道 (29855)

    フクシマから福島への道 (29855)

    1,980円(税込)

    大地震・大津波・原発事故から十余年。この期間に、キリスト教会は、諸団体は、個人はどんな取り組みをしてきたか。人々のいのちを守り、支えることに心を傾けてきた19の証言記録。なかなか報じられることのない現状をも報告する。 3.11、東日本大震災関連書籍。 ...
    カートに入れる
  • 自分を知り、神を知る 聖書理解を助ける6つの鍵(2970)

    自分を知り、神を知る 聖書理解を助ける6つの鍵(2970)

    1,760円(税込)

    CBS神学シリーズ。 神と人について聖書が説く真理を「神は私たちと似ても似つかない」と「神は私たちをご自身に似せて造られた」など相矛盾するような命題を3組挙げ、神との生きた関係に結びつけながら、わかりやすく解説。とっつきにくい印象の組織神学がぐっと身...
    カートに入れる
  • わたしはあなたを最後まで愛する イエスを知るための180の黙想(13510)

    わたしはあなたを最後まで愛する イエスを知るための180の黙想(13510)

    1,980円(税込)

    新しい日は栄光に満ちた試練とともに訪れます。イエスが世の終わりまでいつもともにいてくださるという希望を抱きつつ、この日を過ごしていきましょう!――主イエス自らが語る形式で、みことばの真意を説くメッセージ。大好評のシリーズ、最新刊。 ≪目次≫ イエスと...
    カートに入れる
  • 死は神様からの贈り物 (802049)

    死は神様からの贈り物 (802049)

    1,100円(税込)

    「死は忌み嫌うべきもの」というのが、現代日本人の感覚。しかし、著者は「神様からのプレゼント」だといいます。それは、聖書が示す死生観であり、肉体の死は通過点に過ぎないとも。それを聖書で読んでいるはずのクリスチャンも、その真理をどこまで真剣に受け止め...
    カートに入れる
  • 契約と贖いから味わう「神のことば」 私なりの「十戒」(2240)

    契約と贖いから味わう「神のことば」 私なりの「十戒」(2240)

    2,420円(税込)

    「十戒」とは、「戒め」ではなく神を信じて生きる道―― 旧約聖書のモーセの十戒を、そこに至る神の贖いと契約を背景にして読み解き、神から与えられた恵みに生かされる道を考える。現代に生きる私たちに向けられた「神のことば」に聴く講解説教。 著者・訳者など...
    カートに入れる
  • ドストエフスキー 神学的視点から読む (802058)

    ドストエフスキー 神学的視点から読む (802058)

    2,750円(税込)

    新鋭のドストエフスキー研究者にして、現代キリスト教 組織神学研究者による力作。 シベリア流刑の後に記された小説に秘められた人間観、 宗教観、聖書観、キリスト信仰を明らかにする。 【いのちのことば社 協力出版】 著者・訳者など:P.H.ブレイジャー/著 池永...
    カートに入れる
  • 超入門 ヘブル語のススメ (2560)

    超入門 ヘブル語のススメ (2560)

    1,870円(税込)

    「原典で読むことは10冊の注解書に勝る」と言われるほど、原語を通して新たに見えてくる聖書の世界がある。はじめてヘブル語に触れる人でも、一度ヘブル語を挫折した人でも大歓迎! とっつきにくいヘブル語を「暗号読解」し、ひとりで読めるようになる入門書が登場...
    カートに入れる
  • 信仰エッセイ選 平凡な日常を切り捨てずに深く大切に生きること (12130)

    信仰エッセイ選 平凡な日常を切り捨てずに深く大切に生きること (12130)

    1,650円(税込)

    三浦綾子 生誕100年 記念ベストエッセイ集。 『氷点』『塩狩峠』『銃口』などで知られる昭和を代表する作家三浦綾子は、エッセイストとしても読者に影響を与えた。キリスト者として思索し、生きることの意味を問う言葉は、時代を経てさらに意味深く迫る。珠玉のエッ...
    カートに入れる
  • 働くことの意味 (1975)

    働くことの意味 (1975)

    1,320円(税込)

    全面的忠誠を迫る企業、激しい競争社会の中で働くキリスト者に、聖書の原則を力強く説き明かし、問題に立ち向かう勇気を与える励ましの書。エペソ6:5-9講解。[読者の声]クリスチャンにとっては、この世での生活が、何よりも「教理の光」に照らして考えるという原則...
    カートに入れる