ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

-戦争・平和

 
  • 戦争と平和主義 エキュメニズムが目指すところ(29485)

    戦争と平和主義 エキュメニズムが目指すところ(29485)

    2,200円(税込)

    ロシアのウクライナ侵攻をどう受けとめるか。不条理な苦難ゆえの怒りと報復をどのように乗り越えるか。世界と日本の教会とキリスト者はこれまで戦争をどうとらえ、これに取り込んできたか。ドイツや北欧の現状、近代戦争の変容する状況を報告する。 共同研究の内容...
    カートに入れる
  • 十字架のある風景(リパブックス) (11645)

    十字架のある風景(リパブックス) (11645)

    1,650円(税込)

    「日本」と「朝鮮半島」の狭間を生きる在日の存在は、なぜ生まれたのだろうか。親世代の苦悩を身近で見てきた在日三世の著者が、自分を育んできた故郷の「風景」をふりかえり、何を背負わされてきたのか、そして未来に何を残していくのか、さらに今日の危機的状況に...
    カートに入れる
  • BC級戦犯にされたキリスト者 中田善秋と宣撫工作(29515)

    BC級戦犯にされたキリスト者 中田善秋と宣撫工作(29515)

    1,100円(税込)

    カイロスブックスシリーズ。 77年前「福音宣教」の名の下、フィリピンに派遣され、ある事件に巻き込まれBC級戦犯となった一人の神学生がいた――戦後、自らの罪を問いつつ、平和と和解を発信し続けた中田善秋。その遺した著作や証言から、日本の教会の戦争責任を見つ...
    カートに入れる
  • 聖書の正義 イエスは何と対決したのか(2600)

    聖書の正義 イエスは何と対決したのか(2600)

    1,430円(税込)

    抑圧や差別に対して正義を求める運動が広がっている。一方で、力で正義を実現しようとする「正しさ」が対立の溝を深める。そんな世界において、イエスは力による正義を拒絶し、「神の国」の正義と希望を自ら生き方で示した。分断に修復と解放をもたらし、真に自由と...
    カートに入れる
  • 天皇制と平和憲法 (29125)

    天皇制と平和憲法 (29125)

    1,650円(税込)

    「信州夏期宣教講座」は、日本の宣教の課題に取り組むため、1993年より毎年8月の終わりに、長野県上田市の一角を中心に持たれてきた有志の集まりである。戦争の記憶が薄れていくなかで、日本という国と日本のキリスト教会の歩みをしっかりと見つめ、「負の遺産」と言...
    カートに入れる
  • 知られなかった信仰者たち 耶蘇基督之新約教会への弾圧と寺尾喜七「尋問調書」(29355)

    知られなかった信仰者たち 耶蘇基督之新約教会への弾圧と寺尾喜七「尋問調書」(29355)

    990円(税込)

    カイロスブックス シリーズ。自分たちの信仰を一切書き残さず、わずかな手紙と口伝のみでしか知る手立てのなかった「森派(耶蘇基督之新約教会)」。戦時下で唯一残された寺尾喜七の「尋問調書」から、歴史に隠された信仰者の"弾圧の記憶"と現代の日本に生きる教会...
    カートに入れる
  • 石ころも叫びだす ポスト戦後70年への道しるべ(6820)

    石ころも叫びだす ポスト戦後70年への道しるべ(6820)

    1,430円(税込)

    隣国からはミサイルが飛び、核実験が繰り返される。時刻を第一と考える指導者たちは、力には力で対抗すると声尾を張り上げ拳を振り回す。戦争が起こるのではないかという不安を抱きながらも多くは現実の生活に追われそれどころではない。無関心という沈黙の中で、石...
    カートに入れる
  • 知っておきたい 日本の宗教とキリスト教 (15230)

    知っておきたい 日本の宗教とキリスト教 (15230)

    1,320円(税込)

    「キリスト教は、興味はあるけど面倒くさい」「宗教はみんな一緒」なぜ多くの人たちがこう考えるのか。この国にしっかりと根づいている神道・仏教と、キリスト教を比較しながら、日本人の宗教観を探る。著者・訳者など:勝本正實ISBN:978-4-264-03897-9シッテオキタイ ニホンノ...
    カートに入れる
  • 神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産(12120)

    神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産(12120)

    1,650円(税込)

    日本の教科書にも掲載された「焼き場に立つ少年」をはじめ、終戦直後の広島・長崎を撮影した元米従軍カメラマン、ジョー・オダネルの生涯、反戦・反核活動を、その妻・坂井貴美子氏が綴る。オダネル氏が、40年もの長きにわたり封印してきた写真をこの世に出したのは...
    カートに入れる
  • 書籍
  • グッズ

もっと見る