ログイン

聖書・キリスト教書籍・教会用品など 充実の品揃え
教会・クリスチャンの伝道と信仰生活に役立つ商品が盛りだくさん!
いのちのことば社公式通販サイト WINGS

カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

-オンラインセミナー

子育て、信仰継承、医療、終末期の備え・・・
クリスチャン生活に役立つ各種講演会をオンラインで連続開催!


8月12日 14時〜実施分

コミュニティ(共同体)で支える「こころの育ち」

〜多様な子どもたちがそれぞれに輝ける社会を〜

発達障害、愛着障害、うつと「診断」される子どもたちが増えていることから、この社会の「普通(通常)」の概念が狭くなっている現実があります。そして、三年にも及ぶコロナ禍で、子どもたちの「こころの育ち」に深刻な影響が出てきています。子どもたちにとってますます生きにくくなっているように感じるこの社会で、家庭だけでなく、教会をはじめとするコミュニティー(共同体)全体で子どもたちの育ちを見守るために今できることを考えます。


【配信視聴チケット】8月12日

【アーカイブ視聴チケット】8月12日実施分

アーカイブ(録画)が視聴できます
(2023年9月8日(金)23:59まで)
資料(レジュメ)付き
※視聴はチケット購入1枚につきおひとり様のみとなります。

詳しく見る

■講師プロフィール■
田中哲(たなか・さとし)

1953年、東京都生まれ。北海道大学医学部卒業後、同大学医学部精神科に入局。1983年、市立札幌病院静療院児童部を中心に児童精神科医としての活動を開始。 北小田原病院副院長、神奈川県中央児童相談所虐待対策班嘱託医、山梨県中央児童相談所嘱託医、東京都立梅ヶ丘病院精神科部長、同病院副院長、東京都立小児総合医療センター副院長・子ども家族支援部門長を経て、現在、子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ院長。日本児童青年精神医学会理事、日本子どもの虐待防止研究会評議員。 著書には『見えますか、子どもの心』『発達障害とその子「らしさ」』『“育つ”こと、“育てる”こと』(いのちのことば社)、監修に『発達障害のある子を理解して育てる本』『自閉症スペクトラムのある子を理解して育てる本』(学研プラス)などがある。


8月26日 14時〜実施分

10代の悩みに寄り添う信仰継承

〜進路選択篇〜

約20年にわたりキリスト者学生会(KGK)で大学生伝道に従事してきた大嶋重徳牧師を講師に迎え、将来や自分自身の価値に悩む若者に、親や教会はどのように信仰的指針を与えることができるのかを学びます。「何のために勉強するのか」「自分の賜物とは何か」「神のみこころの進路とは?」といった10代の悩みにどう答えるか、信仰をもって歩む人生のすばらしさをどう伝えられるか等々を共に考えます。


【配信視聴チケット】8月26日

【アーカイブ視聴チケット】8月26日実施分

アーカイブ(録画)が視聴できます
(2023年9月22日(金)23:59まで)
資料(レジュメ)付き
※視聴はチケット購入1枚につきおひとり様のみとなります。

詳しく見る

■講師プロフィール■
大嶋 重(おおしま・しげのり)

1974年、京都府生まれ。京都教育大学、神戸改革派神学校で学ぶ。1997年からキリスト者学生会(KGK)主事となり、学生伝道に携わる。KGK総主事を経て、現在、鳩ヶ谷福音自由教会牧師。太平洋放送協会(PBA)ラジオ「世の光」メッセンジャー。お茶の水クリスチャン・センター副理事長。著書『10代から始めるキリスト教教理』『おかんとボクの信仰継承』(いのちのことば社)、『若者と生きる教会』『若者に届く説教』(教文館)など。


9月29日 20時〜22時 ※配信視聴のみ

死を意識して生きる希望

病理学者としてがんに向き合ってきた医師、樋野興夫氏は、全国で「がんカフェ」を展開し、がん患者の苦悩を和らげる活動を行なっています。また、小澤竹俊医師は、横浜で終末期の在宅医療を行う傍ら、ホスピスマインドを生かして、同じ地域に住む苦しむ人に手を差し伸べる人材を育てる活動も行っています。不治の病などに苦しむ人に寄り添うお二人に、死を起点に人生を考える先にある希望について語っていただきます。


【配信視聴チケット】9月29日

【配信視聴チケット】9月29日

日時:2023年9月29日(金)20時〜22時
*アーカイブ配信あり
(2023年10月19日(木)23:59まで)
※視聴はチケット購入1枚につきおひとり様のみとなります。

詳しく見る

■講師プロフィール■
樋野興夫 (ひの・おきお)

1954年生まれ。医学博士。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェイスがんセンターなどを経て、順天堂大学名誉教授。新渡戸稲造記念センター長。順天堂大学医学部(病理・腫瘍学)客員教授。一般社団法人 がん哲学外来理事長。恵泉女学園理事。東京女子大学理事長。2002年癌研究会 学術賞、2003年高松宮妃癌研究基金 学術賞、2004年新渡戸・南原賞、2018年 朝日がん大賞、長與又郎賞。著書に『がん哲学外来入門』(毎日新聞社)、『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)、『こころにみことばの処方箋』(いのちのことば社)など著書多数。

小澤竹俊(おざわ・たけとし)

1963年生まれ。1987年、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。現在、めぐみ在宅クリニックで終末期の在宅医療支援を行っている。小中学校、高校で「いのちの授業」を行うほか、一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会の理事を務め、終末期などで苦しむ人を精神的にサポートできる人材育成を行っている。著書に『折れない心育てる いのちの授業』(KADOKAWA)、『あなたの強さは、あなたの弱さから生まれる』(アスコム)