この世界で働くということ 仕事を通して神と人とに仕える(14110)

いのちのことば社
発売日:2018/03/30

仕事とは本来、神に仕え人に仕えるために、神から与えられた召命であった。すべての仕事が神にあって尊く意味がある。仕事の意味を再発見するならば、仕事に取り組む姿勢も新たにされ、新たなやる気が湧いてくる。


著者・訳者など:ティモシー・ケラー 峯岸麻子
ページ数:395頁

ISBN:978-4-264-03894-8
コノセカイデハタラクトイウコト

購入数

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く