ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

神の国を生きる キリスト教生活共同体の歴史(19680)

いのちのことば社

教会が制度化し世俗化していのちを失っていくとき、神は時代ごとに荒野の預言者のような生活共同体を起こされ、霊的地下水となって今も流れている。その歴史を聖書から初期教会・中世・近現代までたどり、個人主義化する現代の信仰のあり方に初めの愛を問う。
 
目次
はじめに   3

【聖書編】
第1章 エデンの園における共同生活|聖書の人間観と創造の目的   8
第2章 イエスと弟子たちの共同生活|神の国の福音と新しい神の民   19
第3章 初代教会における愛の交わり|聖霊が力をもって臨むとき   31
第4章 新天新地における愛の交わりの完成|エデンから新しいエルサレムへ   40

【実践編】
第5章 初期キリスト教会(1)|愛に生きる教会共同体   49
第6章 初期キリスト教会(2)|聖餐と愛餐に生きる教会共同体   58
第7章 修道院の起源|祈りと労働のリズムの回復   66
第8章 修道院制度の確立|ベネディクト修道院   75
第9章 フランシスコとフランシスコ会(小さき兄弟会)   84
第10章 ヴァルド派(リヨンの貧者)|正統と異端の間   94
第11章 べギン運動|世俗社会と修道院の間に生きる女性たち   103
第12章 共同生活兄弟会|「ディヴォツィオ・モデルナ」(新しき信心)   112
第13章 フッター派(ハッタライト)|五百年の歴史を生きる財産共同体   121
第14章 アーミッシュ|世と異なる生き方   130
第15章 モラヴィア兄弟団(ヘルンフート同胞教団)|見張りの丘の光   139
第16章 ブルーダーホフ(兄弟団)|信仰の継承と共同体の存続   148
第17章 コイノニア・ファーム|アメリカ最南部で神の国を生きる   158
第18章 リーバ・プレース・フェローシップ|都市のただ中で愛の道を歩む   167
第19章 マリア福音姉妹会|山をも動かす信仰と祈り   176
第20章 テゼ共同体|小さく貧しい和解のパン種   185
第21章 真の共同体のしるしと挫折の原因|過去をふりかえり将来を見る   194

 あとがき   204

著者・訳者など:後藤敏夫
ページ数:208頁

判型:四六判
ISBN:978-4-264-04298-3

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる

>この商品について問合わせる

  • トップ
  • 信仰書
  • 神の国を生きる キリスト教生活共同体の歴史(19680)
  • 書籍
  • グッズ

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く