八重のことば 新島八重とその同時代人が語り伝えた生き方(86614)

新教出版社

江戸から昭和までを生き抜いたハンサム・ウーマンの生涯


八重自身の数多くの印象的なことばを取り上げてその背景を解説し、また兄覚馬、川崎尚之助・新島襄の二人の夫をはじめ同時代人の多くの証言をとおして、激動の時代を凛と生きた一女性を鮮やかに浮かび上がらせる。

【著者プロフィール】
坂本優二(さかもと・ゆうじ)
1969年東京に生まれる。
中央大学卒業。
日本歴史学会員。
主に戦国・江戸期から幕末・明治期の国内歴史人物を紹介した書籍を執筆。
著書に『宮本武蔵』(学習研究社)、
『龍馬の言葉』(ディスカバー・トウェンティワン)、
『江――浅井三姉妹の生涯と戦国』(河出書房新社)など。
NHK放送文化センター等の講師やテレビの歴史・紀行番組のブレーンを務めている。
 

著者・訳者など:坂本優二
ページ数:300ページ

判型:四六判
ISBN:978-4-400-22666-6
ヤエノコトバニイジマヤエトソノドウジダイジンガカタリツタエタイキカタ 121122niijimayae

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く