星野富弘◎四季のうたシリーズ 冬 (50部入り) (44304)

いのちのことば社・全国家庭文書伝道協会(
発売日:2008/03/06
星野富弘が描く草花と詩によって、神さまの愛を伝える。 ひとりひとりの思いとは関係なく、季節はめぐり、流れてゆく。壮大な自然の中に創造主なる神さまの愛を見る。

「春」「夏」「秋」「冬」の4部作が同時発売!
星野富弘が描く草花と詩によって、神さまの愛を伝える。

【星野富弘プロフィール】1946年、群馬県に生まれる。1970年、群馬大学教育学部卒業。
      中学校の体育教師になるが、頚髄を損傷し、手足の自由を失う。 1972年〜入院中に生かされている感謝と喜びを、詩や絵に描き始め、
      その作品展が開催され、大きな反響を呼び、全国に広がる。1991年、故郷の勢多郡東村(現 みどり市東町)に富弘美術館開館。2005年、新・富弘美術館オープン。2006年、熊本市に芦北町立星野富弘美術館開館。
      群馬県名誉県民の称号を贈られる。2010年、富弘美術館の入館者が600万人を超える。現在も詩画や随筆の創作を続け、国内外で「花の詩画展」が開かれている
【著書】『新版・愛、深き淵より。』『新編・四季抄 風の旅』 学研『風の詩-問いかけ人 舘内端-』 学研『星野富弘全詩集 機_屬函戞ヽ惴Α慇洩酩拗袷柑軆検´供ゞに』 学研『かぎりなくやさしい花々』 偕成社『鈴の鳴る道』 偕成社『速さのちがう時計』 偕成社『あなたの手のひら』 偕成社『花よりも小さく』 偕成社『種蒔きもせず』 偕成社『山の向こうの美術館』 富弘美術館三浦綾子氏との対談『銀色のあしあと』 いのちのことば社日野原重明氏との対談『たった一度の人生だから』 いのちのことば社『星野富弘 ことばの雫』 いのちのことば社
※ 『風の詩-問いかけ人 舘内端-』、『星野富弘全詩集 機Ν供戞◆惻鐚きもせず』、『山の向こうの美術館』、『たった一度の人生だから』、『星野富弘 ことばの雫』以外はすべて英訳書籍刊行。星野富弘さんの関連商品はこちら

著者・訳者など:星野富弘
ホシノトミヒロシキノウタシリーズフユ50マイイリ 20120825hoshinotomihiro

1,100
購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く