平和つくりの道 (15960)

いのちのことば社
発売日:2004/04/20
今こそ読むべき一冊。「戦争」と「平和」に真正面から向き合い、イエスの言動から説き明かす。

今日、「義なる戦争」というものがあるのだろうか。戦争は必要悪なのだろうか。旧新約聖書、特にイエスの言動を綿密に調べ、神のもっておられる視点と願いを考える。この世においてキリスト者が平和を実現する方策をも示す注目の書。

<ちょこっとさわりよみ>
敵への愛が必ず良い結果をもたらすわけではないことを、十字架は厳しく思い起こさせる。少なくともそういう即効を期待してはならない。敵を愛するようにという招きは、敵も同じようにしてくれるだろうからという希望に根ざすのではなく、まさに神がどのような神であられるかに根拠を持つのである。「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。それでこそ、天におられるあなた方の父の子どもになれるのです」(マタイ5・4)
    【読者の声】
  • 信仰告白としての平和運動。私たちのベースはイエスキリストの福音に立ち続けることだと思っています。 (56歳・会社員)
編集者によるブログ「がじゅマル読み!」読者の皆様の感想も書き込んでください
著者・訳者など:ロナルド・J・サイダー
訳:棚瀬多喜雄 棚瀬江里哉
判型:B6判
ISBN:978-4-264-02222-0
ヘイワツクリノ 100723p

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く