ログイン

聖書・キリスト教書籍・教会用品など 充実の品揃え
教会・クリスチャンの伝道と信仰生活に役立つ商品が盛りだくさん!
いのちのことば社公式通販サイト WINGS

カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

コロナ後の教会の可能性 危機下で問い直す教会・礼拝・宣教

キリスト新聞社

コロナ禍で教会に突きつけられた神学的な課題とは何かを検証しつつ、パンデミック収束後の諸教会に向け、「今までのようにはいかない」現実を見据えて、新たな可能性の具体案を提示する。日本クリスチャン・アカデミーとキリスト新聞社刊「Ministry(ミニストリー)」誌による大規模アンケートの結果も収録。

【編著者】
荒瀬牧彦、浦上 充、仲程愛美、吉岡恵生、片岡義博、渡邊さゆり、越川弘英、中道基夫
 
【目 次】
■はじめに 荒瀬牧彦(カンバーランド長老キリスト教会田園教会牧師)
■オンラインによって拓かれる礼拝の新しい可能性――礼拝の共同性と同時性について 浦上 充(日本基督教団東中野教会牧師)
■オンライン化で問われた教会の「かたち」を見つめ直して 仲程愛美(日本基督教団石橋教会牧師)
■今こそ新たな礼拝論の構築を――礼拝のオンライン配信に関する神学的意味づけ 吉岡恵生(日本基督教団高槻日吉台教会牧師)
■オンラインでの信仰教育の可能性――オンライン教会学校の配信を通して 片岡義博(カトリック名古屋教区司祭) 
■「コロナの時」を生き残るキリスト教会へ 渡邊さゆり(日本バプテスト同盟駒込平和教会牧師)
■共同研究「コロナ後の教会の可能性」教会・学校実態調査アンケート
■実態調査アンケートの結果から 越川弘英(同志社大学キリスト教文化センター教員)
■オンライン礼拝についての神学的考察――アンケートの分析を通して 中道基夫(関西学院大学神学部教授)
■まとめ 荒瀬牧彦


著者・訳者など:荒瀬牧彦、浦上充、宮光 ほか
荒瀬牧彦 編
判型:A5判・並製
ページ数:148頁
ISBN:978-4-87395816-3

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合」よりご希望の柄を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる
クレジットカード コンビニでお支払い

>この商品について問合わせる

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く  

※レビューは投稿後、表示されるまでに数時間〜数日お時間がかかります。
※投稿いただいたレビューは、商品購入を検討されているお客様の参考情報として公開させて頂く他、
販促活動に使わせて頂く場合がございます。ご了承の上、ご記入ください。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓プレゼントキャンペーンへのご応募はこちらから↓↓↓↓↓↓↓↓↓

review_present;

※レビューを書いただけでは応募になりませんので、ご注意ください。
キャンペーンへ応募されたい方は、レビューを書いた後、応募フォームの記入をお忘れなく!

  • 書籍
  • グッズ

ランキング一覧を見る