ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

キリスト教史 −オンデマンド版−

教文館
※こちらの商品は取り寄せ商品となります。
出版元・製作元へ実際の在庫を確認し、取り寄せを行うため、通常よりもお届けまでお時間を頂戴いたします。(目安:1週間程度)


イエス・キリストの生涯と宣教、教会の誕生から、現代までを概観する、書き下ろしキリスト教史。東方の諸教会およびアジア、中南米、アフリカそして日本のキリスト教の動向を交え、エキュメニカルな視点で叙述。

こちらの商品はオンデマンド出版です。ご購入のタイミングにより店頭に在庫がなくなっていた場合、約3週間で当店に納品されます。
 
[目次]
古代
第一章  イエス・キリストと教会の誕生──1世紀(時代背景/イエスの生涯と宣教/教会の誕生と原始教会)
第二章  カトリック教会の成立──2ー3世紀(教会の内憂と外憂/カトリック教会の成立と教父たち)
第三章  ローマ帝国の教会──4ー5世紀(四ー五世紀の新たな政治的・教会的状況/四ー五世紀の教理論争──三位一体論・キリスト教の確立  ほか)

中世
第四章  ビザンティン帝国下のキリスト教と西欧キリスト教世界の成立──6ー11世紀(ビザンティン帝国の歩みと東西教会の分裂/西欧におけるローマ・カトリック教会の成立)
第五章  中世キリスト教の盛衰──11−15世紀(ローマ・カトリック教会の全盛期/教会の衰退と新しい世界への胎動)

宗教改革
第六章  宗教改革の時代 近代への序章──16-17世紀(ドイツの宗教改革/スイスその他の宗教改革/イギリスの宗教改革  ほか)

近・現代
第七章  近代世界のキリスト教──17−19世紀(近代世界の特徴と十七ー十八世紀のキリスト教/十九世紀のキリスト教)
第八章  現代世界のキリスト教──20世紀〜(第二次世界大戦終結までのキリスト教/第二次世界大戦以後のキリスト教/エキュメニカル運動と現代のキリスト教思想)

結び──二十一世紀の課題

著者・訳者など:菊地 榮三・菊地伸二 共著 
判型:A5
ページ数:576頁
ISBN:4-76427248-2

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合はこちら」を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く