ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

旧約聖書の平和論 神は暴力・戦争を肯定するのか(29815)

いのちのことば社

聖書は 「平和の福音」 と言われるが、一方で旧約聖書には戦争や暴力の記事が出てくる。 「好戦的」にさえ見える旧約の神ヤハウェは、 「あなたの敵を愛しなさい」とイエスが教えた愛の神と同じ神なのか? 平和神学を奉じるメノナイトの旧約学者が、旧新約を貫く「平和のビジョン」を解き明かす。
 
目次
序 論…………………11
戦争と平和について/メノナイト派からの視点/古代イスラエルの基本的アイデンティティ/本書の流れ

第1章        旧約聖書の戦争論…………………28
「ヤハウェは戦人(いくさびと)」/ヤハウェの戦い/ヤハウェ/王朝時代における戦争/旧約聖書の戦争論への評価/戦争の記述に関する解釈と評価/平和について

第2章        非暴力の平和論…………………77
ミカ4章3節/イスラエル民族の視点から/詩篇46篇9〜11節/非暴力の終末論的な意義/ヨナ書4章2節/神の平和と人間の恩讐/非暴力という生き残り戦略

第3章        解放の平和論…………………124
出エジプト記5章2節/抑圧者の救い/イザヤ書2章12節/裁きという課題/エレミヤ書22章2〜3節/解放者としての王/神の価値観を実現する王/イザヤ書9章6節/現実と終末論との交差

第4章        正義の平和論…………………161
詩篇62篇11節/真の宗教性/ゼカリヤ書7章9〜10節/現実への告発/出エジプト記20章10節/安息の理想/ホセア書4章1節/聖書の語る裁き

第5章        創造の平和論…………………198
詩篇104篇5節/秩序としての創造/創世記9章16節/創造から見たノアの洪水物語/洪水後の再創造/箴言8章22節/知恵による創造

第6章        抵抗の平和論…………………237
ダニエル書3章18節/ダニエルの友人たちの抵抗/詩篇72篇4節/腐敗した権力への抵抗/創世記1章2節/神の支配としての創造

終 章 新約聖書を「神のことば」として告白する者として…………………272

著者・訳者など:南野浩則
判型:四六判
ページ数:288頁
ISBN:978-4-264-04383-6

南野浩則(みなみの ひろのり)
1963年 大阪市生まれ
1994年 福音聖書神学校卒業
2001年 M Div. (Old Testament)Mennonite
Brethren Biblical Seminary, Fresno, CA
2005年 Ph. D. (Old Testament) University of
    Aberdeen, Scotland, UK
現 在 日本メノナイトブレザレン教団福音聖書
    神学校教務、日本メノナイトブレザレン
    教団石橋キリスト教会副牧師、大阪聖書
    学院非常勤講師、Asia Graduate School
    of Theology/ Japan 講師
    東京ミッション研究所理事講師、Asia Graduate School of Theology/ Japan 講師、東京ミッション研究所理事。
著作『十戒 シナイ契約・律法と山上の説教』『聖書を解釈するということ』(いのちのことば社)他

購入数
      

【包装について】
原則、注文個数分の包装用袋・金シールの同梱のみ承っております。
贈呈先へ直接発送の場合に限り、お包みしてのお届けも可能でございます。
ご購入の際に、「包装袋添付ご希望の場合」よりご希望の柄を選択してください。
(一部商品は選択不可・包装不可となっております)
※備考欄にてご指定いただいても対応できない場合がございます。何卒ご了承ください。


お気に入りリストに追加  かごに入れる
クレジットカード コンビニでお支払い

>この商品について問合わせる

  • 書籍
  • グッズ

ランキング一覧を見る

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く