十字架と桜 キリスト教と日本の接点に生きる(8900)

いのちのことば社
発売日:2019/03/10

日本を象徴する花として愛されてきた「桜」。明治以降でも「日本になじまない」とされてきたキリスト教の「十字架」。この対比をどう考えればよいのか。十字架(キリスト教)と桜(日本)との対峙の根底に厳然と横たわる「日本的なもの」を浮き彫りにし、「キリスト者日本人」の使命を考える。


著者・訳者など:丸山忠孝
ページ数:376頁

判型:四六判
ISBN:978-4-264-04022-4
ジュウジカトサクラ

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く