北の国の旅人 「氷点」の街から(96192)

イーグレープ
発売日:2005/03/03
本書、3つの"やすい"

(1)活字が大きく、美瑛の美しい写真もとり入れて読みやすい
(2)永遠のいのちの希望がテーマで、キリストの福音がわかりやすい
(3)定価(本体300+税)円と安価で、家族、友人にプレゼントしやすい

「本書・推薦のことば」 三浦光世
 入信時からの体験が、簡潔に、かつ感動的に書かれてある。著者にも、人生について懐疑を抱いた若き日があった。
 しかしイエス・キリストを知り、永遠の希望を知るに至る。のみならず、牧師にまでなられた。私の妻綾子の小説「氷点」によって、大いに考えさせられたともいうが、何といってもキリストの福音、この福音を知って、確たる希望と生きる力を得られたのである。
 人生には様々な苦難がある。が、それを乗り越えさせる救いを、神はキリストによって備えられた。その救いを、この一文に明確に指し示している。

著者・訳者など:込堂 一博
ページ数:48

判型:B6判
ISBN:978-4-264-02176-6
キタノクニノタビビト

購入数
      

【※ご注意】ご贈呈先直送のご注文で、「包装袋同梱」をご希望の場合、ご注文を頂いてから発送まで約3日お時間を頂きます。(例)ご注文日+3日(包装)+約2-3日(配送)が到着日 ※土日除く


この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く